友達と同じ塾がいい?

子供が「友達が通っているから塾に行きたい」と言い出して通塾を考えるケースはあるでしょう。また、親が友達が塾に通いだしてから成績が伸びた様子を聞いて、子供を同じ塾に通わせようか検討し始める場合もあります。しかし、友達と同じ塾に通わせることにはメリットとデメリットがあります。

メリットは、友達同士切磋琢磨して勉強に励むことができます。ひとりで勉強するよりも、ライバルがいるほうが伸びる子供もいます。友達とわからない部分を教え合うこともできるでしょう。一方のデメリットは、友達といることで気持ちが緩み、塾に行くことだけが楽しみで勉強が二の次になってしまうことです。また、友達と成績を比較してしまったり、クラスが落ちてしまった場合や成績が悪いと学校で馬鹿にされる、イジメにあうといったこともあります。

友達と同じ塾に通っても、その塾が自分の子供に合うとも限りません。通塾を考える場合には、子供にメリットとデメリットを説明し、塾や講師の雰囲気、カリキュラムが子供の性格と合っているのかよく検討してからのほうが良いでしょう。また、もし塾で友達と同じクラスになった場合は先生に相談しておきましょう。安易な気持ちで入塾して、その結果塾を転々とすることは避けるべきです。