塾との付き合い方

子供を通わせている塾と、どのような距離感で付き合ったらいいのかわからない人は多いのではないでしょうか?「どこまで頼っていいのかわからない」「こんなことお願いできるのかしら?」と悩んでいたら、ぜひ思いきって相談してみましょう。親はもちろん子供のことを思っていますが、塾側も預かっている子供に少しでも理解してもらいたい、志望校に合格してほしいと思っています。

大手塾の場合、カリキュラムを消化するためには塾だけでなく、家庭での努力が必要となります。そこで、子供をいかに伸ばすか、家庭と塾で連携が必要になります。例えば、算数が苦手であれば、親ができるだけどの単元のどういう箇所が苦手なのかを伝えましょう。基礎からの復習が必要な場合は塾で使っている教材と合っていない可能性があるので資料や問題集、市販のテキストなどを紹介してもらえるかもしれません。紹介してもらったら、いつまでにどの範囲までやるか子供と講師で相談し、計画を立ててもらいましょう。子供のことをよく把握している講師なら良いですが、担当教科ではない講師や何を優先したら良いのか判断できないという講師の場合、あらかじめ現在の成績や弱点部分をまとめておきましょう。そして子供にやらせたい項目をリスト化し、講師と親と共同で学習計画を組み立てるとよいでしょう。