ハイレベルがいい?

塾のパンフレットやウェブサイトで難関校への合格者数などを見ていると、「今はまだ実力が伴っていないけれど、レベルの高い塾に入れば自然と学力が伸びるだろう」と、つい期待したくなります。しかし、実際にハイレベルな塾に入るだけでは成績を伸ばすことは困難です。

難関校合格を目指す塾では莫大な量の宿題と、ハイレベル・ハイスピードで進むカリキュラムが組まれています。それに加えて頻繁なクラス分けテストがあります。教材やテキストは非常に良く研究されていますが、その日のうちに復習し、大量の宿題をこなして小テストで得点できるようにするには相当な努力が必要です。最初から難関校狙いの子供は主体的に勉強ができる子供も多いため、塾側はそれを見越して宿題を多く出すこともあります。

難関校をターゲットにしている大手塾では、もっとも良くできる子供を基準として教材や宿題を作成している塾もあります。中にはレベルの高い環境に身を置くことで奮発し、学業に注力する子供もいます。しかし、自分の実力よりはるかにレベルの高い塾生と比較したり、授業についていけず自信を無くす子供も多くいます。ハイレベルな指導を行う塾が必ずしも子供に合うとは限りません。子供の性格や塾の授業の進め方などを検討し、子供がやる気を持てる環境を選びましょう。