入塾テストは大変?

中学受験は塾選びで決まるとも言われますが、希望する塾に入るためには入塾テスト(多くは無料、一部有料の塾もあり)を受けなければなりません。入塾テストは、入塾後のクラス分けに使うことが多いですが、中には試験の結果によって入塾を拒否される塾もあります。そのため、入塾テスト対策のための塾や、専用の家庭教師をつける人もいます。

「中学受験もあるのに、さらに入塾テストの勉強をするなんて」、と思う人もいるかもしれませんが、入塾テストは学校のテストとは大きく異なります。そのため、学校の授業では良い成績を修めている子供でも不合格になる場合もあります。家庭で行う入塾テスト対策は、まず学校で習った内容をしっかりできるようにすることです。該当学年の漢字の読み書きは完璧にできるように、算数は教科書の内容を復習して、できない部分は見直しましょう。入塾テストで出される問題の範囲は広く、文章も長文になります。普段から長い文章に慣れるようにしましょう。問題量も多いため、タイマーを使って制限時間内に問題を解く練習を行い、時間の感覚を身につけておくとよいです。高得点の科目があっても、極端に点数に低い科目があれば合格できないことがあります。まずは学校で習った内容で取りこぼしていることがないかしっかりチェックしてあげましょう。