中学受験の塾と休み

中学受験を受ける際、休みをどう過ごすかは非常に重要です。土曜日曜の普段の休日はもちろんですが、夏休みや冬休みといった長期休暇でどう過ごすかで、合格率も変わってきます。少しでも子どもの合格率を上げるためにも、中学受験専門の学習塾を利用して、休みの有意義な使い方を考えてみましょう。

夏休みや冬休みといった長期休暇は、学習塾にとっても非常に重要な期間です。新しい単元に挑戦することも出来ますし、以前苦手になってしまった単元を復習して、休み明けまでに苦手を払拭することも出来るので、きちんと勉強さえしておけば、まったく勉強していない子よりもはるかに学力に差をつけることが出来ます。そのため長期休暇に限った特別メニューを用意している学習塾もあるので、長期休暇の過ごし方に不安がある際は、学習塾を選ぶ際に、長期休暇はどう利用しているか確認しましょう。学習塾では休みのときこそ油断せずに勉強するよう求めていますが、だからといってまったく休むなといっているわけでもありません。中学受験では学力以外の面も面接などで見られるので、たまには勉強を休ませて友達と遊ばせたり、家族で数日ほど旅行に行ったりと、勉強以外の時間を設けるよう勧める学習塾もあります。経営者にしても、お盆や年末年始は休みたいのか、それらの期間は休みになっている学習塾が意外に多いです。