中学受験時の塾の使い方

学習塾に子どもを通わせるとき、何の目的で学習塾を利用するかは非常に重要です。学習塾の多くは、利用目的に応じてコースを選択できるようになっており、目的に合わせたコースを選択することで、必要な授業だけを受けさせ、確実に目標を達成できる学力を身に付けさせます。中学受験のために学習塾を利用する場合は、必ず中学受験専門のコースを採用している学習塾を利用しましょう。

中学受験専門の学習塾では、受験問題の解き方に特化した授業を行います。中学受験の問題は学校のレベルによっても変わりますが、中には小学校の授業では習わない問題も多く、専門の教育を受けていないと解けない問題が数多く出てくるので、それらに対応出来るカリキュラムを用意して、生徒を指導しています。受験前からすでに学習塾に通わせている場合は、遅くても5年生になるころには、中学受験専門のコースを選択したほうが良いでしょう。

中学受験の勉強中は、学習塾が行う保護者面談も有効活用しましょう。中学受験を受けさせる保護者に多いのが、子ども以上にプレッシャーを感じて神経質になるケースで、そのせいで子どもに無茶を強要させたり、塾の授業を無視して別の勉強をさせるケースが多いです。こうした行為は子どもにとって負担にしかならないので、予め塾講師との面談を通して、保護者はどう動くべきか相談しましょう。